新型出生前診断の倫理についてご紹介します

このサイトでは、新型出生前診断に関わる情報を提供していきます。
倫理に関しては常に議論が繰り広げられていますが、命の選別という点についての懸念も多くのケースで問われるのが実情です。
なぜなら、結果を見て中絶を選択することを余儀なくされるケースがあるためです。
生まれる予定の子供に障がいがあることが分かったらどうするのか、という点やその選択をしなくてはならない母親にのしかかる精神的な負担についても考えていきます。

新型出生前診断と倫理の問題

新型出生前診断と倫理の問題 新型出生前診断をすることは、倫理上問題があるのかないのかということは議論の対象になっています。
しかし、結局は親が判断して決めることになりますし、診断を受けて産むのか産まないのかの決断をした後も悩むケースは多いです。
堕胎をしたくてする人はいませんし、育てられないと判断してやむを得ずの決断になるケースが多いのではないでしょうか。
もちろん、新型出生前診断を利用して結果を確認して障がいがあることが分かった上で出産をする人も中にはいます。
決心が揺らぐこともありますし、堕胎をしてもしない場合でも後から後悔や不安を覚えることがあるのが実情です。
特に、当事者の母親にとっては、責任が重大で多くの人が問題視しているテーマです。

倫理的な議論もあるが、新型出生前診断は明るい未来を作る検査です

倫理的な議論もあるが、新型出生前診断は明るい未来を作る検査です 技術の進歩によって出産前に胎児の染色体異常を調べることが可能になりました。
子供が障害を持って生まれてくることで、子供本人も親も色々な悩みを抱えてしまうのは事実です。
新型出生前診断を行うことで命を選別することになるのですが、この新型出生前診断を希望する母親は増加傾向にあります。
命を選別する行為は家族の未来を考える時に役立つものですが、一方で倫理的に問題があると指摘する意見もあるのは事実です。
倫理的な問題は気軽に議論することができないですし、個人の考え方や宗教によっても意見が分かれるので、「これが正しい」という断定はできないです。
新型出生前診断については今後も継続して議論が行われていきますが、法律的に認められている以上は倫理的にグレーゾーンでも間違った行動とは言えないです。
新型出生前診断を行うことで、母親の精神的な不安やストレスを取り除く効果もあります。
胎児へのリスクが少ないですし、検査の精度も非常に高いです。
体への負担が少ないので、気軽に検査を受けることが可能です。
年齢制限なども設けていない病院がほとんどで、高齢出産で不安を抱えている妊婦さんでも安心して検査を受けることができます。
今の日本の少子高齢化、晩婚化の事情を考えると、新型出生前診断は役に立つ検査です。

NIPTに関する情報サイト

新型出生前診断